oryzasativa 自転車ウロウロ記

パスハン車、ポタリング車で 遊んでいます。 下手の横好きで料理も時々。

ヤフーブログが終了するのをうけて
こちらにブログを開設しました

2019年6月19日
ある街を徘徊していましたら…
IMG_20190619_214226_133

↑自転車屋を発見。でも 定休日。

IMG_20190619_213906_470

↑看板代わりの ボロ自転車。かと思いきや

IMG_20190619_183548

↑剣先 こんなの(汗)

IMG_20190619_183603


IMG_20190619_213948_841

↑ラグレスだ♪
わざわざ看板用にダボつけたの?

IMG_20190619_183503

↑クラウン ボカマか(汗)

IMG_20190619_183703

↑両切りネジで スポーク引っかけの軽合ハブ。
こんなの あったのね。メーカー刻印なし。

組み上げたら
楽しそうなフレームでした。

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

IMG_20190618_175942


IMG_20190618_181224


IMG_20190618_223803_604


東京から夜行バスで朝大阪に着いて
レンタカーでドライブというか、
取引先ごあいさつというか、
あちこち走って兵庫県 相生市に流れ着きました。

駅前居酒屋で、晩飯に「鯖の塩焼き定食」を食べたが、コレはうまかった。
いわゆる、おばんざい(お番菜)→家庭料理の店で、おばさん二人で切り盛りしている店でした。

IMG_20190618_224115_909

↑で、後で画像を見て気がついたが、
ダックス改が写りこんでいるではありませんか。
よく見ておけば良かった。
エンジンもノーマルでは ありますまい。

自転車店めぐりをする時間がとれない
忙しい一日だった。

IMG_20190618_184816

↑相生での夕暮れ。空気が澄んでいます。

明日は大阪に戻って きしめんを食べる予定


にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村


追記
ぼけています。
5,6番線 すみ吉のきしめんと思っていましたが
それは名古屋新幹線ホームの話でした。

DSCN1902
↑出掛けに見てしまった。 朝イチから ダラーな。
やる気なしモード。どうにかならんか。

ああ脱力感

DSCN1907
↑不機嫌そう。怖(汗)




DSCN1906
↑どうでもいいけど こいつの肉球は 黒い。

DSCN1888
↑とりあえず 走りに出る。
東京都荒川区南千住あたりを徘徊
スカイツリー 登る日がくるのだろうか。

DSCN1891
DSCN1898
↑隅田川沿いの 造船所

DSCN1893
DSCN1895
DSCN1896
DSCN1897
↑堀切駅近く。
ラーメンみゆきは うまいです(個人的感想)


DSCN1908
DSCN1909
DSCN1910
DSCN1911
裏道を走っていたら 交通公園を発見。
消防車に乗ってみたいけど
おっさん一人で乗ると 怪しいので 見るだけ。

DSCN1914


DSCN1912
↑さて 場所変わって 足立区都市農業公園近く 芝川沿い
自転車オブジェが。

輪行菩薩さんが提唱する
土踏まずペダリングを彷彿とさせるスケルトンです。



DSCN1919
DSCN1922
DSCN1923
↑ダラダラ 川沿いを走ります

DSCN1925
DSCN1924
DSCN1926
↑siriを発見。
どう見ても 尻です。
全長30センチメートルくらいか。
組み立てミニマネキンの一部か?

DSCN1928
DSCN1929
DSCN1931
DSCN1932
DSCN1933
DSCN1934
埼京線沿い 隅田川沿いを チンタラ走る。

DSCN1936
↑隅田川沿いのダートを行く

DSCN1937
DSCN1939
DSCN1938
荒川沿いの移動。
水たまりが多い。
泥除けなし自転車は 減速必至です。

DSCN1940
DSCN1941
DSCN1942
DSCN1943
DSCN1944
DSCN1945
↑1600~1700年頃建立の庚申塔。
人工河川 荒川放水路を作る際に小台に移設された。

日本は、仏教が広まった東のどん詰まりだわなあ、と つくづく思う。

ワンタッチピクニカの後輪ブレーキを
サイドプルにせんと、ヤフオクをのぞいていたら
首尾よく落札できました。ラッキー♪08176771
5812ffaa
↑コレを キャリパーブレーキ仕様にしようという
なりゆきまかせの 改造計画。

バンドブレーキをやめて
サイドプルにしようかと。

使えそうなブツを狙って
久しぶりにヤフオクで入札。
IMG_20190614_224949
IMG_20190614_225033
IMG_20190614_225203
↑丁寧な梱包で送られてきました。
スーパーグレイトエクセレント出品者。

懐かしいブレーキ。
昔もっていたのだか、「使わないから」と、処分したのが悔やまれる。

IMG_20190614_225714
IMG_20190614_225820
IMG_20190614_225842
IMG_20190614_225923
アーチがタイヤに干渉するの心配していたが
大丈夫そうです。デフォルトで11歯です。

後づけボストップ15歯です。
長距離乗ったら疲れそう。
組んだら(いつ?)近場ポタで検証です。
にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

DSCN1886
息子の自転車のピラーとサドル。
これは勘弁願いたい。

角度調整をしたいのだが
ワッシャをかませるしか方法がなさそう。

ヤグラつきピラーに変えてしまおうか。

2019年6月9日 午前中だけ走った。
荒川区→埼玉県戸田市→荒川区
なんとなくピストンルート。
走行距離は30数キロメートルと思われる。
pota















↑こんなルート。戸田市あたりで 町中を徘徊して帰った。

DSCN1859
↑薄曇りの朝 荒川左岸を上流に向かう。
ダッシュしないでダラダラ走る。

DSCN1860
↑足立区都市農業公園のあたり。
この河川は荒川支流 芝川。

川沿いに北上すれば江戸時代に造られた見沼用水に辿り着く(埼玉県見沼区)

DSCN1861
↑戸田 ボートレース場。
食堂、屋台、燃える観客、風に舞う舟券…。

立ち寄りたいけど、時間がないのでやめた。


DSCN1863
DSCN1866
↑戸田市の 汚水処理場上につくられた公園。
のんびり昼寝できそうです。



DSCN1867
DSCN1868
DSCN1869
DSCN1870
DSCN1871
↑覆面パトがいる笹目橋を渡って
荒川右岸に移動。
ヤブこぎ道を よろよろ行きます。

DSCN1876
↑藪こぎしていたら
チェーンが空回りするようになった。
「すわ! ラチェット機構の故障か」と思ったが
草の茎がフリーの歯の間に巻き込まれているのでありました。

特筆すべき事がないポタ記でした。 にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

土曜日朝から午後まで隣町で野暮用。

午後に飛ぶ猫を見た。
DSCN1843
↑荒川沿い猫街道で猫を発見。後方から接近。

DSCN1844
↑突然ダッシュ!飛ぶ猫です。
地に足がついていません。
脱兎ならぬ 脱猫(だつびょう)です。
「だつびょう」いまいち切迫感がない響きです。
でも、使われることがないであろう熟語なのでどうでもいいです。
DSCN1690
↑朝 荒川土手を行く。
曇りで涼しいけど 湿度が高く 快適ではない。

DSCN1798

DSCN1799
↑野暮用終わって 南千住のホームセンターの駐輪場
JR貨物操車場(?)隣接。
テツマニアにはたまらん風景。なのかな?

DSCN1800

DSCN1801
↑汐入公園を抜けて

DSCN1804
↑堀切駅が見える陸橋を越えて

DSCN1813
DSCN1814
DSCN1815
DSCN1812
↑荒川にかかるトラス橋五連。
トラス橋マニアにはたまらないことでしょう。
そんなマニアいないか。

DSCN1817
↑究極の川沿いの道というか、護岸を行く。

DSCN1825
DSCN1826
↑猫街道を調査走行。
冒頭の脱猫は、このあたりで撮影。

DSCN1831
DSCN1828
↑クルミが結実しています。
晩夏から秋にかけて落果します。
今年もがんばって採集します。


DSCN1839
↑鳥が集まってギャーギャー騒いでいる。

DSCN1849
↑弁慶カニはハサミを振り上げて威嚇してくる。
弁慶カニ まずくて食べられないらしい。

以上 あまり走れなかったポタ記でした。
走行距離は20kmくらいか。

たかがカレー されどカレー 

20代の頃にインド、アジアをうろついて思ったが
イギリス式を真似た日本の家カレーは
インドカレーとは似て非なる食べ物です。

そしてまた、家カレーとは異なるカレー
それは立ち食いそば屋の自家製カレー。

自家製に限ります。
業務用カレーを提供する店には
行きません。


IMG_20190509_091208

IMG_20190509_091648

IMG_20190509_091139

↑馬喰横山の店にて 小盛カレー


IMG_20190605_101316

IMG_20190605_101145

IMG_20190605_101151

↑小伝馬町 ステンレス皿にしびれますにほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

ブログの引っ越し先を 決めかねています。
さしあたってライブドアブログに 全データを移行します。
6日(木)夜 これから作業に入ります。

移行したあとは 書き込みができないようなので
これが最後のヤフーブログでの書き込みになります。
国に迎合しないFC2もいいなあ、なんて思っています。

ご縁がありました 皆様のブログは
これからも覗かせていただきたいと思います。


ネットで調べたら
ワンピク多段化、後キャリパーブレーキ化は
みなさん自家改造でやられていらっしゃる。
参考になるレポートが たくさんあります。
DSCN1272
↑このワンピクを あれこれ やっています。

IMG_20190605_220644
↑多段化計画。
バンドブレーキのローターをとっぱらって
ネジ山にボスフリーを装着。
左右反転ですな。
せっかく装着したタイヤ、パターンが逆になるではないの。
タイヤ外すの面倒なので このままいきます。

IMG_20190605_220830
↑ノーマル 11T これは外す。
こんなの フリー抜き 持ってない。
バラしまくって パイプレンチでやっつけます。

IMG_20190605_220755
↑バンドブレーキのローターをとっぱらったネジ山に
600の5段を装着しようという算段。

ならば 前ギヤをでかくしましょう、ということで

IMG_20190605_220710
↑ストロングライト52Tです。
マキシー57Tもあるんだけど、
クランク3アームはフリマで売っぱらってしまった(泣)
持っておけばよかった。


IMG_20190605_220733
↑5ピン ネジが錆びてます。磨かなきゃ。

IMG_20190605_220739


ワンピクに 違法じゃないや 意表をつく部品装着をしようかと。
変速機はサンツアー スキッターかな。

img_1
↑ネット上の画像を拝借。

サンツアー スキッターです。
スラストパンタ ローノーマルです。
(ワイヤー開放で 大ギヤに行く)

プーリーケージのリターンバネが、
パンタグラフを大ギヤ側に押し上げるという
二重の働きをしている。
ブラック企業ならぬ ブラック機構ですかね。
メカ的には 酷使されて大変そう。

通常使用には なんとかいけるかと。
でも 担いで山サイにも行きたい。
酷使です。大丈夫か?

今日も 進捗なし。
構想だけで 終わってしまった。



20196年6月2日 日曜日
午前中だけ時間がとれたので ポタリングにでかけた。

イメージ 19



↑早朝ポタに出発。
荒川に出て
柔軟体操をしていたら 猫がよってきた。
「行ってらっニャイ」と言っている。ような気がした。

イメージ 1
↑赤羽岩渕 青水門(稼働していない)あたり。
クラブのメンバーと偶然会って 近況報告。

イメージ 2
↑敢えて なんちゃってダートを 走る。

イメージ 3
↑くだった先 向こうに見えるは 藪こぎ道?

イメージ 4
↑朝霞水門手前 藪こぎ♪

イメージ 5
↑向こうに見えるは 朝霞水門

イメージ 6
↑取水場あたりでは、土木工事が続いており、土手上は通れず。

イメージ 7

イメージ 8
↑荒川寄りの 迂回路を行く

イメージ 9

イメージ 10
↑びん沼川あたり。
猫ウジャウジャ広場があります。

イメージ 11
↑猫ハウス 留守です。

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15
↑日陰で休んでいたら、やる気の無い猫が現れた。
すまん、エサなしです。

イメージ 16

イメージ 17
↑午後から用事があるので、自走帰還は諦めて 輪行で帰ることにする。
北浦和駅に行く途中 ラーメンショップを発見。
昔からラーメンショップのラーメンは好きです。
11時開店のところ、10時過ぎに ラーメンを提供していただいた。
ネギラーメン うまかったです。

イメージ 18
↑京浜東北線はガラガラでした。

北浦和から鶯谷まで輪行して、午後の日曜大工の材料を買い込んで
帰宅。

以上 ポタ記でした。

5月26日 日曜日 荒川、中川沿いを 下流に向かって走った。
wangan


大井埠頭で「ツアー オブ ジャパン」があり、
昼前にクラブのメンバーと合流して観戦。
午後からの家での用事(車使用)にそなえて
ノーアルコールで帰宅。

以下 ポタ記

DSCN1326
↑早朝猫街道 調査

DSCN1339
↑荒川 中川間の 首都高高架下を 河口に向かう。
朝7時頃 自転車もジョギングの人も ほとんどいない。

DSCN1347
↑河口まできた。

DSCN1352
DSCN1354
↑葛西臨海公園の いんちき林道をダラダラ走って
観覧車を見て 大井方面(ツアーオブジャパン会場)に向かう。

DSCN1359
DSCN1360
DSCN1363
DSCN1364
DSCN1365
↑お台場まで 殺風景な風景の中を ヨロヨロ ポタ。

DSCN1370
DSCN1379
DSCN1381
DSCN1382
DSCN1386
DSCN1387
DSCN1388

↑台場から芝浦に レインボーブリッジを 渡る。
歩道を 自転車を 押して。
走行禁止ということで、キャスター付き台車みないなものを装着させられる。
役人仕事の極みというか、生産性が全くないというか。
「走行禁止。よろしく」で済む話ではなかろうか。

歩く人、ジョギングする人、結構いる。
自転車に乗って走る輩 おりますまい。

DSCN1393
↑モノレールわきを走って。暑いっす。

DSCN1396
↑運送会社にて荷積み中のトレーラー。
ボルボはトレーラーヘッドも作っていたのか。

DSCN1398
DSCN1399
DSCN1405
↑ツアーオブジャパンの周回コースまで来たけど
所属クラブのメンバー(バスで会場入りしている)と合流できず
ウロウロ探し回る。

丸いリフレクターの自転車 エルスでした。

DSCN1411
↑クラブの皆さんと合流して しばし観戦

去年に引き続き、街道警備スタッフをやる予定だったのが、トランプ大頭領来日で、周回コースだけになり、お役御免となったのでした。
DSCN1410
↑消防、警察の協力車両。
お疲れ様です。疲れてないか。

この後、用事があるので 中座。
暑くて走るのがイヤなので大井えきから輪行で帰った。

DSCN1414
↑帰宅後 アレコレ用事を片付けて 荒川上流にむけて ポタ。

DSCN1416
↑足立区都市農業公園 自転車置き場(ぶら下げ場?)
一時期の見本市会場状態は 異常だった。

最近は、気合を入れて乗る人の自転車と
のんびりポタ自転車に 二分される感じです。

DSCN1419
↑赤羽岩渕水門近くの 有料バーベキュー広場。
賑わっております。
無料の頃はこちらで宴会を催しましたが
有料になってから利用していません。

梶原大先生も「ふざけやがって どうしてくれよう」と
怒っていましたが、どうにもできません。
使わなくなって オシマイ。

DSCN1425
DSCN1428
DSCN1430
↑王子駅北口近辺 渋いです。

DSCN1432
DSCN1433
DSCN1435
DSCN1436
↑JR 京浜東北線と高崎線に挟まれたエリア
懐かしい雰囲気です。
道祖神の祠があり

DSCN1438
DSCN1437
1889年(明治22年)建立でした。

DSCN1443

DSCN1445
↑JR操車場(って 言うの?)の下をくぐって抜ける。
上中里から尾久駅に抜ける地下道です。

以上 ポタ記でした。
多分 走行距離80km前後。

ワンピクの後ブレーキが
バンド式なのが気に入らないので
キャリパーにしよう、と考えています。

イメージ 9


イメージ 1

↑チェーンステーを
厚手アルミ板でサンドイッチすれば
ピスト用ブレーキ状態にできましょう。
ピスト用前ブレーキバンド固定式をを流用するのもアリかな。

イメージ 10

↑バンド式丸フォーク用既製品。
幅が合えば台座部を流用できそう。

イメージ 11

↑オーソドックスに、板ではさむタイプ。

費用をかけたくないので
板は自分で切り出そうか。



サイドプルかセンタープルか。
バンド固定カンチがあれば尚良いが、レア過ぎて入出不可能と思われ。

イメージ 2

↑ピストエンド(笑)が先細りになっており、シャフトが引っ掛かって抜け辛かった。

イメージ 3

↑巨大カニ目レンチがあれば
ローターを外せるが、そんな工具は持っていないし、コレだけのために自作するのも面倒くさい。というわけでパイプレンチです。
当たり面に傷がついたので退路が絶たれました。

イメージ 4

イメージ 5

↑グリスアップするために、シャフトをばらした。古グリスはゆるいチョコクリーム状。

イメージ 6

↑タイヤ、チューブを外したらリムフラップが切れた(泣)
綿のバーテープでも貼っておこう。

イメージ 7

イメージ 8

タイヤの一部、カーカスが見えるほど削れている。ロックしたまま長い距離を滑ったのか?謎です。

オトボケ小僧の運動会の昼休みに一時帰宅して、こんなこと始めたけど、午後部が始まるので作業中断。

あしたは台所テーブルの修理。サイクリングに行けない週末。
早朝ポタリングで我慢です。

↑ココまで 昼過ぎにかいた分
ーーーーーーーーーー
⬇以下 夕方の作業

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

↑でかい穴。パンクの穴じゃないねえ。
ネズミがかじったような。
とりあえず 塞いだ。

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

↑綿のバーテープをリムフラップに流用するのが惜しくなったので、シェラックニス仕上げ用に買ってあった綿テープに両面テープを貼って。

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

玉を磨いたり、虫食いチェックしたり。
ローターを外したネジ部を見ていたらひらめいた。

五段変速にできるではないの♪

イメージ 22

↑「ボスフリーがないかな」と
物置をあさったら 600の5段が出てきた。
フリマでジャンク扱いで買ったのかもしれない。

抜き工具を引っ掛ける切り欠き、思いきりナメています(汗)
外すときはコアを剥き出しにして
パイプレンチの出番ですな。

ところで変速機装着には
ブラケット改造が必要か。

それより、チェーンとタイヤが
干渉しまいか?

センター出しもやらなきゃ。

ピラーが固着しているのだった 忘れていた(汗)
何とかしなきゃ。

Y型へんてこハンドルも 駆逐したい。
ブルホーンとか、フラットバーとか ランドナーバーとか。

まずい。お手軽自転車のはずが、
レストアの過程でどツボにハマっていく(汗)

果たして仕上がるのか?


ワンピクの後ブレーキが
バンド式なのが気に入らないので
キャリパーにしよう、と考えています。

イメージ 9


イメージ 1

↑チェーンステーを
厚手アルミ板でサンドイッチすれば
ピスト用ブレーキ状態にできましょう。
ピスト用前ブレーキバンド固定式をを流用するのもアリかな。

イメージ 10

↑バンド式丸フォーク用既製品。
幅が合えば台座部を流用できそう。

イメージ 11

↑オーソドックスに、板ではさむタイプ。

費用をかけたくないので
板は自分で切り出そうか。



サイドプルかセンタープルか。
バンド固定カンチがあれば尚良いが、レア過ぎて入出不可能と思われ。

イメージ 2

↑ピストエンド(笑)が先細りになっており、シャフトが引っ掛かって抜け辛かった。

イメージ 3

↑巨大カニ目レンチがあれば
ローターを外せるが、そんな工具は持っていないし、コレだけのために自作するのも面倒くさい。というわけでパイプレンチです。
当たり面に傷がついたので退路が絶たれました。

イメージ 4

イメージ 5

↑グリスアップするために、シャフトをばらした。古グリスはゆるいチョコクリーム状。

イメージ 6

↑タイヤ、チューブを外したらリムフラップが切れた(泣)
綿のバーテープでも貼っておこう。

イメージ 7

イメージ 8

タイヤの一部、カーカスが見えるほど削れている。ロックしたまま長い距離を滑ったのか?謎です。

オトボケ小僧の運動会の昼休みに一時帰宅して、こんなこと始めたけど、午後部が始まるので作業中断。

あしたは台所テーブルの修理。サイクリングに行けない週末。
早朝ポタリングで我慢です。

↑ココまで 昼過ぎにかいた分
ーーーーーーーーーー
⬇以下 夕方の作業

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

↑パンク修理

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

↑綿のバーテープをリムフラップに流用するのが惜しくなったので、シェラックニス仕上げ用に買ってあった綿テープに両面テープを貼って。

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

玉を磨いたり、虫食いチェックしたり。
ローターを外したネジ部を見ていたらひらめいた。

五段変速にできるではないの♪

イメージ 22

↑なんでウチに
600のボスフリーがあるのか知らないけど。フリマでジャンク扱いで買ったのかもしれない。
抜き工具を引っ掛ける切り欠き、思いきりナメています(汗)
外すときはコアを剥き出しにして
パイプレンチの出番ですな。

ところで変速機装着には
ブラケット改造が必要か。

それより、チェーンとタイヤが
干渉しまいか?

センター出しもやらなきゃ。

果たして仕上がるのか?

府中市某所をウロウロしていたら
梅の実が大量に落果していた。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


↑拾う人がいない模様。勿体無い。
越冬させて発芽させる分
数十個持ち帰り。

イメージ 5


イメージ 6


↑昼はラーメン500円。うまし。

以上、どうでも良い話でした。


にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

日曜日に荒川、中川沿いを 下流に向かって走った。
wangan


大井埠頭で「ツアー オブ ジャパン」があり、
昼前にクラブのメンバーと合流して観戦。
午後からの家での用事(車使用)にそなえて
ノーアルコールで帰宅。

以下 ポタ記

DSCN1326
↑早朝猫街道 調査

DSCN1339
↑荒川 中川間の 首都高高架下を 河口に向かう。
朝7時頃 自転車もジョギングの人も ほとんどいない。

DSCN1347
↑河口まできた。

DSCN1352
DSCN1354
↑葛西臨海公園の いんちき林道をダラダラ走って
観覧車を見て 大井方面(ツアーオブジャパン会場)に向かう。

DSCN1359
DSCN1360
DSCN1363
DSCN1364
DSCN1365
↑お台場まで 殺風景な風景の中を ヨロヨロ ポタ。

DSCN1370
DSCN1379
DSCN1381
DSCN1382
DSCN1386
DSCN1387
DSCN1388

↑台場から芝浦に レインボーブリッジを 渡る。
歩道を 自転車を 押して。
走行禁止ということで、キャスター付き台車みないなものを装着させられる。
役人仕事の極みというか、生産性が全くないというか。
「走行禁止。よろしく」で済む話ではなかろうか。

歩く人、ジョギングする人、結構いる。
自転車に乗って走る輩 おりますまい。

DSCN1393
↑モノレールわきを走って。暑いっす。

DSCN1396
↑運送会社にて荷積み中のトレーラー。
ボルボはトレーラーヘッドも作っていたのか。

DSCN1398
DSCN1399
DSCN1405
↑ツアーオブジャパンの周回コースまで来たけど
所属クラブのメンバー(バスで会場入りしている)と合流できず
ウロウロ探し回る。

丸いリフレクターの自転車 エルスでした。

DSCN1411
↑クラブの皆さんと合流して しばし観戦

去年に引き続き、街道警備スタッフをやる予定だったのが、トランプ大頭領来日で、周回コースだけになり、お役御免となったのでした。
DSCN1410
↑消防、警察の協力車両。
お疲れ様です。疲れてないか。

この後、用事があるので 中座。
暑くて走るのがイヤなので大井えきから輪行で帰った。

DSCN1414
↑帰宅後 アレコレ用事を片付けて 荒川上流にむけて ポタ。

DSCN1416
↑足立区都市農業公園 自転車置き場(ぶら下げ場?)
一時期の見本市会場状態は 異常だった。

最近は、気合を入れて乗る人の自転車と
のんびりポタ自転車に 二分される感じです。

DSCN1419
↑赤羽岩渕水門近くの 有料バーベキュー広場。
賑わっております。
無料の頃はこちらで宴会を催しましたが
有料になってから利用していません。

梶原大先生も「ふざけやがって どうしてくれよう」と
怒っていましたが、どうにもできません。
使わなくなって オシマイ。

DSCN1425
DSCN1428
DSCN1430
↑王子駅北口近辺 渋いです。

DSCN1432
DSCN1433
DSCN1435
DSCN1436
↑JR 京浜東北線と高崎線に挟まれたエリア
懐かしい雰囲気です。
道祖神の祠があり

DSCN1438
DSCN1437
1889年(明治22年)建立でした。

DSCN1443

DSCN1445
↑JR操車場(って 言うの?)の下をくぐって抜ける。
上中里から尾久駅に抜ける地下道です。
以上 ポタ記でした。

日曜日に
湾岸ポタリングに出掛けて
レインボーブリッジの歩道を渡った。
ポタレポートは改めてアップします。

走行禁止。自転車は引いて歩きます。
所要約30分。

イメージ 1

イメージ 2


キャスターつきの付きの
台車を後輪に装着。
決して快適ではありません。
間抜けです、こうする事に決めた役人。

橋の両端に、警備員詰所を設けてまで
やる執念(笑)

昔 椎名誠がこき下ろしていた
「役人の□□□」ですな。

「走行禁止」だけで 良いではないか、と思います。

かしまし娘の部屋のエアコンが
壊れてしまった。

先々週オトボケ息子の部屋に
エアコンをつけたばかり。

ヤフオクで競り合う人が少なく
3万円台で落札できたエアコン新品を
金曜夜に都内某所から引き取ってきた。

イメージ 1

↑午前中は娘と某高校の見学に。
事務所でパンフレットをもらって
学内見学。学食でカレー360円を食べた。

イメージ 2

↑午後から、さて、やりますか。
おニューです。

イメージ 3

↑古い冷媒管は再利用。

イメージ 4

↑あ~ 影が長くなってきた(汗)
ダラダラやっていたら夕方になってしまった。

イメージ 5

↑フレアー(冷媒管のラッパ状のところ)がキレイなら再利用できます。
業者に頼むと新品を使われて、メートルあたり数千円取られる場合あり。
良心的な業者は、再利用してくれます。冷媒管仕入値はメートルあたり数百円です。

イメージ 6

↑無事完了。

イメージ 7

↑ダラダラ作業になったのは
ダラダラ歩く猫を目撃したせいかもしれない。

あ、猫を目撃したのは
設置が終わってからだった。

千葉の家の空き地に
鬼クルミの苗を植えた。
さて、育つかどうか。

早ければ4年で結実するらしい。

もともとは、荒川河川敷で採集した
鬼クルミの実(正確には種)を集めて
発芽用に外で越冬させて発芽させたり。
それなりに手間がかかっています。


↑鬼クルミを採集

越冬させて 土に埋めると 春に発芽します。

ポットで 苗を育てます。
home grown♪

右の か細いのは
クヌギ(どんぐり)です。


千葉に帰省したときに
空き地に 苗木を植えてみた。
さて、育つかどうか。

奥に見える木は 渋柿の木です。

栗の木もあったのだが
枯れてしまった。

閑話休題
「自分で種をとって、自家栽培する」という
世界中で昔から続く営みを
阻止したがっている勢力が存在します。

「タネ」を商売道具にして、自分たちの利益のために。
噴飯ものです。

千葉の家の空き地に
鬼クルミの苗を植えた。
さて、育つかどうか。

早ければ4年で結実するらしい。

もともとは、荒川河川敷で採集した
鬼クルミの実(正確には種)を集めて
発芽用に外で越冬させて発芽させたり。
それなりに手間がかかっています。

イメージ 1

イメージ 2
↑鬼クルミを採集

イメージ 3
越冬させて 土に埋めると 春に発芽します。

イメージ 4
ポットで 苗を育てます。
home grown♪

右の か細いのは
クヌギ(どんぐり)です。

イメージ 5

イメージ 6
千葉に帰省したときに
空き地に 苗木を植えてみた。
さて、育つかどうか。

奥に見える木は 渋柿の木です。

栗の木もあったのだが
枯れてしまった。

閑話休題
「自分で種をとって、自家栽培する」という
世界中で昔から続く営みを
阻止したがっている勢力が存在します。

「タネ」を商売道具にして、自分たちの利益のために。
噴飯ものです。

改造に着手といっても
部品を交換するだけですけど。

自転車歴が長い皆様のレポートを拝読していますと
ワンタッチピクニカを乗り回していらっしゃる方が
多い印象。
「いつかは ワンピクに」というわけではないでしょうけど、色々な自転車を一通り乗り倒したあとにワンピクに行き着くのでしょうか。

ワタシも真似して、以前ジャンクヤードで
定食価格で購入したワンピクを再生することにしました。

IMG_20190518_111914

↑ノーマル チェーン駆動仕様

DSCN1275

↑使わない部品を外した。

自転車の顔 それはクランク?

おフランス製 ソリダのコッタード鉄でいきます。
一昨年 京王閣で安く買いました。
入手困難レアなフレンチ規格のコッターピンはLe gitaneさんに融通していただきました。

img_6_m


img_4_m
↑クランクとコッターピンを持って 両国某店に行って
「これフレンチなんですけど、合うシャフトありますか」と尋ねたら
店主はニヤリとして、ある引き出しに直行。すぐに出てきた。恐るべし(汗)

古いけど、未使用です。レース部も痕跡なし。

Aマーク 何でしょう。メーカー不明。
img_7_m

↑嵌合の具合 こんなです。
ピン打ち込んでいなくても、ほぼガタ無しです。
メッキのヤレ具合も似た感じで、ばっちりです。

img_3_m

↑今のところ、第一候補が
初代デオーレの板との組み合わせ。48歯。

img_9_m

↑第二候補 シクロツーリスト なかなか良い雰囲気です。


img_8_m

↑ストロングライト 52歯のコレしか持っていない。
小径車にコレは、ちょいと ゴテゴテしすぎるかも。

IMG_20190518_112014

↑次の課題は、ステム+ハンドル一体型をどうするか、です。
コレはコレで面白いけど、ちょいと違和感あり。

あと、泣きたくなるようなブレーキレバー。
退場必至です。

適当に
のんびり やります。

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

改造に着手といっても
部品を交換するだけですけど。

自転車歴が長い皆様のレポートを拝読していますと
ワンタッチピクニカを乗り回していらっしゃる方が
多い印象。
「いつかは ワンピクに」というわけではないでしょうけど
色々な自転車を一通り乗り倒したあとにワンピクに行き着くのでしょうか。

ワタシも真似して、以前ジャンクヤードで
定食価格で購入したワンピクを再生することにしました。

イメージ 1
↑ノーマル チェーン駆動仕様

イメージ 2
↑使わない部品を外した。

イメージ 3
↑自転車の顔 それはクランク?

おフランス製 ソリダのコッタード鉄でいきます。
一昨年 京王閣で安く買いました。
入手困難レアなコッターピンはLe gitaneさんに融通していただきました。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7
↑クランクとコッターピンを持って 両国某店に行って
「これフレンチなんですけど、合うシャフトありますか」と尋ねたら
店主はニヤリとして、ある引き出しに直行。すぐに出てきた。恐るべし(汗)

古いけど、未使用です。レース部も痕跡なし。

Aマーク 何でしょう。メーカー不明。
イメージ 8
↑嵌合の具合 こんなです。
ピン打ち込んでいなくても、ほぼガタ無しです。
メッキのヤレ具合も似た感じで、ばっちりです。

イメージ 4
↑今のところ、第一候補が
初代デオーレの板との組み合わせ。48歯。

イメージ 10
↑第二候補 シクロツーリスト なかなか良い雰囲気です。


イメージ 9
↑ストロングライト 52歯のコレしか持っていない。
小径車にコレは、ちょいと ゴテゴテしすぎるかも。

イメージ 11
↑次の課題は、ステム+ハンドル一体型をどうするか、です。
コレはコレで面白いけど、ちょいと違和感あり。

あと、泣きたくなるようなブレーキレバー。
退場必至です。

適当に
のんびり やります。

以前、中古で入手したワンタッチピクニカの改造に着手した。
IMG_20190518_111914
↑どノーマル チェーン仕様

DSCN1272
↑使わない部品を外した。すっきり♪
燃えないゴミに出してしまおう。

2kgは軽量化できたのではないか。
でも鉄クランクを使うから 帳消しか。

困ったことにピラーが固着している。
鉄+鉄だから、なんとかなりましょう。

スタンドはどうするか迷ったが
重いので外すことにした。

IMG_20190518_112014
↑この、ステム+バー一体型ハンドル
良いのか 変なのか 微妙。
どうでも良いけど、ベル バーに穴あけねじ切り直付です。

もう少し前に出したいから 突き出し長めステム+アップハンドルにしようか。

IMG_20190518_111932
↑ドラムブレーキ キライ。
サイドプルブレーキをつけられないものか。

DSCN1257
↑クランクは おフランス製のソリダ。
おフランス規格のコッターピンは
去年の関戸橋でLe gitaneさんに譲っていただいた。
こいつにデオーレの板をセットする。
謎の組み合わせであります。
DSCN1264
↑クランクまわりバラシ。

DSCN1267
↑ばらしで手こずったのが 右ワン。
固くてハンガー回し(引っ掛け型)では無理だった。

DSCN1268
↑カニ目レンチで回したが、レンチが壊れそうになって中止

DSCN1269
↑バイスプライヤーで。ダメでした。

DSCN1270

DSCN1271
↑バイスで。いけました。
チェーンガードを固定するために、フランジがついているのですね。

DSCN1278
↑畳んだときに、メッキのパイプ(トップチューブに相当する管)を
束ねるバンドなのだが、しなやかさを失い固くなっており、爪と穴が噛み合わない。
除去するか、しまいか 悩ましい。



DSCN1253
↑タイヤは用意してある。安物だけど。
チューブは点検して再利用。
 
しばらく改造作業で遊べそうです。


金曜の夜から千葉県市原市に帰省していた。

土曜日朝 二時間ばかり
谷津田を巡るポタリングというか、ダラダラ走り。

谷津田→谷津にある田んぼです。
台地というか、丘に挟まれており、どん詰まりの細くなったあたりには
溜池があることが多い。
湧水があったり、道をつくる際に崖が削られた場所で
地層が見られたり、なかなか味わい深いです。
多摩丘陵あたりの田園地帯も、同様の地形なので、雰囲気が似ています。


↑谷につくられた田んぼ。
手前が低く、向こうのほう(奥)は少し高い。
棚田というほどではないけれど、高低差あり。

↑休耕田がチラホラ見られる。
一旦水耕栽培をやめると、復活するの大変らしいです。

↑道祖神があったり

↑湧水汲み場があったり

地図なしで気楽に走れるのがいいです。
どん詰まりにぶち当たったら
戻れば振り出しに戻るだけのこと。
怖いのは野良犬だけです。

↑嫌いな上り坂を 渋々のぼる

↑乾いた台地上に出た。
谷津田から、おそらく10mほど標高が高いだけだと思う。
ガラリと風景が変わるのが面白い。

相変わらず「野良犬が出やしないか」とビクビクしています。
ヘビ、ハチもいやです。

↑谷津田ポタリングを切り上げて、帰る。
ダラダラ坂道をのぼって。

↑稼働していない ムフフな本の自動販売機。
昔はいたるところに設置されていたのだけれど
今は見かけませんね。

買うとブザーの音が鳴るので緊張した。
64ページまたは32ページ仕立てが多かったが
これは、後年、組版と製本の都合によるものと知ったのでした。

↑谷津田ちんたらコースから
10分も走ると、台地上の生活エリアに到達します。

走ったのは多分20kmもいかないと思うけれど
谷津田を巡る道は色々な風景が見られるので
短時間のポタでも「走った感」があります。

金曜の夜から千葉県市原市に帰省していた。

土曜日朝 二時間ばかり
谷津田を巡るポタリングというか、ダラダラ走り。

谷津田→谷津にある田んぼです。
台地というか、丘に挟まれており、どん詰まりの細くなったあたりには
溜池があることが多い。
湧水があったり、道をつくる際に崖が削られた場所で
地層が見られたり、なかなか味わい深いです。
多摩丘陵あたりの田園地帯も、同様の地形なので、雰囲気が似ています。


イメージ 1
↑谷につくられた田んぼ。
手前が低く、向こうのほう(奥)は少し高い。
棚田というほどではないけれど、高低差あり。

イメージ 2
↑休耕田がチラホラ見られる。
一旦水耕栽培をやめると、復活するの大変らしいです。

イメージ 3
↑道祖神があったり

イメージ 4
↑湧水汲み場があったり

地図なしで気楽に走れるのがいいです。
どん詰まりにぶち当たったら
戻れば振り出しに戻るだけのこと。
怖いのは野良犬だけです。

イメージ 5
↑嫌いな上り坂を 渋々のぼる

イメージ 6
↑乾いた台地上に出た。
谷津田から、おそらく10mほど標高が高いだけだと思う。
ガラリと風景が変わるのが面白い。

相変わらず「野良犬が出やしないか」とビクビクしています。
ヘビ、ハチもいやです。

イメージ 7
↑谷津田ポタリングを切り上げて、帰る。
ダラダラ坂道をのぼって。

イメージ 8
↑稼働していない ムフフな本の自動販売機。
昔はいたるところに設置されていたのだけれど
今は見かけませんね。

買うとブザーの音が鳴るので緊張した。
64ページまたは32ページ仕立てが多かったが
これは、後年、組版と製本の都合によるものと知ったのでした。

イメージ 9
↑谷津田ちんたらコースから
10分も走ると、台地上の生活エリアに到達します。

走ったのは多分20kmもいかないと思うけれど
谷津田を巡る道は色々な風景が見られるので
短時間のポタでも「走った感」があります。


にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村 自転車ブログへ

来たる2019年5月18日(土)
埼玉県川越市 荒川沿いの広場で
「じゃん」さん企画の「荒サイフリマ」があります。
以下リンク先に詳細案内あります
去年 車にフレームや部品やガラクタを積んで行ってみました。
駐車場と出店スペースが近いので 店開きが楽でした。

予約不要です。出店 小ブース1000円 大ブース2000円です。

前回参加してみまして
旧車から現行部品まで いろいろ揃って 楽しいフリマでした。
売れた分だけ買ってしまって プラスマイナス0でした(苦笑)
今回は用事があって参加できません。 残念。
以下 去年の画像

01
↑朝イチ ぼちぼち 出店準備。 
運ぶの 楽ちん♪
予約不要なのが 気楽でいいです。

00
↑ 張り切って これくらい早朝に出発したのでした。
img_4


↑去年の荒サイフリマの朝。 このあと もっと店が増えた。   
荒川河川敷サイクリングの道中で
覗いてみると 掘り出し物があるかもしれませんよ。

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村 自転車ブログへ



イメージ 1

イメージ 2


以前通りかかったとき
行列ができていたラーメン屋。
並ぶのは 無料でもイヤです。

今日は空いていたので入店、
味噌ラーメンを注文。

マイルドな味噌スープに
やや太め麺。
チャーシューもうまい。
絶品でした♪
他のラーメンも食べてみたい。

ポタ記をライブドアブログにアップしました。
気が向いたら覗いてくださいませ

5月12日(日)午前中だけ時間がとれた。

taboomさんが先日アップした見沼代用水あたりのツーリング記を読んで
面白そうだったので、行ってみました。

taboomさんのブログにリンク


2のコピー

↑記憶をもとに適当に描いたルートラボ図。
ルートラボによると距離にして約35kmだそうです。
自転車メーターを持っていないので、実走行距離不明。

見沼代用水のあたり(後半のほう)、もっと走りたかったが
昼から用事があったので、大宮駅から輪行で帰った。

DSCN1127
↑荒川左岸 都市農業公園のあたりから 芝川沿いを行く。
朝6時頃か。


DSCN1131

DSCN1133
↑ひたすら ダラダラ行きます。
東叡社や川口オートレース場の近くを通る道です。

img_19_m
img_29_m
img_32_m
img_12_m
↑今年2019年2月に川口オートを見に行ったときの画像です。
外れ車券が舞う場末感が何とも退廃的でしびれます。
実戦に使うマシンが見られる資料室はおすすめ。

DSCN1136
↑私的な感想ですが 「コレ ダメでしょ」と発言する関係者は プレゼン段階でいなかったのでしょうか(苦笑)

DSCN1137
↑外環をくぐって…

DSCN1140
↑「水神社」まで来たら、そろそろ見沼代用水が近い

DSCN1141


DSCN1142


DSCN1143
↑用水沿いに走ってみる。地図も何も無いので 適当に。


DSCN1145
↑徐々に緑が濃くなってきた


DSCN1146

DSCN1147

DSCN1148

DSCN1150
↑「見沼自然の家」
古民家です。
説明してくれたスタッフの話では
・江戸時代後期の建物
・中規模の普通の農家の家
・少し高い位置に建っているので、氾濫時浸水被害にあわず、今までもちこたえている
…そんな話でした。さすがに茅葺屋根は維持できないので、トタンになっていますが。


DSCN1153
↑民家園で散策マップをいただいた。

DSCN1155


DSCN1156


DSCN1157


DSCN1159

DSCN1158
↑なかなか快適な道です。日陰が多いから夏に走るのも楽そう-。
(地図板の表示の関係で 左上が北になっています)


DSCN1161
↑見沼自然公園で小休止。
昼前に帰宅せねばならないので、ココから大宮駅まで走って輪行。
4時間以上走った割には、寄り道や見学が多く、35kmしか走れなかった。
楽しい道でした。

---------------------------------------------------------------------------------
以下5月11日(土)朝ポタリング
DSCN1099
↑早朝、荒川猫街道を調査走行

DSCN1101
↑やる気なし

DSCN1106
↑黒い猫 発見

DSCN1107
↑逃げられた


DSCN1109
↑三毛発見


DSCN1110
↑逃げられた


DSCN1112
↑葛西臨海公園まで走って
中川 高速下の殺風景な道を走って帰った。


にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ

にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ

IMG_20190511_171852


IMG_20190511_171819


IMG_20190511_171659


早朝から
エアコンの冷媒管を買い出しに。

普通にだとホームセンター往復一時間のところ
遠回りというか、荒川区から葛西臨海公園まで走って、さらに裏道を徘徊して、最後にホームセンターで色々見て回ったので六時間かかった。

昼からエアコン外機をのせる架台を
壁に設置、外機を乗せて冷媒管を繋いだ。

実に20数年振りだろうか
ラチェットレンチを使った。
しかもユニバーサルジョイント延長。

昔、バイク、車をいじっていた頃は
よく使っていた安物。
メガネレンチはスナップオンを揃えたが
どこに行ったか?

IMG_20190511_181456


IMG_20190511_181909


IMG_20190511_182525


IMG_20190511_182815


IMG_20190511_182954


↑晩飯担当なので
鶏肉モモのカリカリ焼きを作った。
ハーブの香りを移したオリーブ油で
皮を下にして、重しをして
強火で10分。
焦げるのを恐れてはいけません。
しかし。
意外と大丈夫なはずが焦げてしまった。
時々皮面を見たほうが良いですね。

大量の油が肉から出て
揚げ物状態になります。
皮がカリカリでうまいです。


にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

芝大門の某店でステー固定バンドを購入。
カンパの袋に入れてくれるのがニクい♪

IMG_20190510_162307


IMG_20190510_162312

↑ダルマネジのほうが格好良いのですが
ダートをドカドカ走って
何度もトラブって泣かされているので
バンド派になりました。

IMG_20190510_142033

↑芝大門から赤羽橋あたりを通過して
麻布十番方面に行く途中。
遊んでいるワケではありません。
徒歩で得意先回りの道中です。

IMG_20190510_141904

↑古川です。自然にできた河川。大地が侵食されて数万年前に誕生したらしい。


IMG_20190510_142154


IMG_20190510_142648


IMG_20190510_142659


IMG_20190510_142551




IMG_20190510_142619

↑三田小山町(三田一丁目)
再開発で古い町並みもいづれ見られなくなりましょう。
怪しまれないように、歩きながら撮影したので水平が出ていません(汗)


IMG_20190510_142302


IMG_20190510_142310

↑すわ!自転車屋か?違いました。
豆ミニベロがえらいことになっています。

IMG_20190510_142920

↑個人的に萌え♪
これを見て思い出した。
明日は自宅のエアコン設置工事をやらねばならない。しかも外機高所壁面(汗)
ひ~。
冷媒管も買わなきゃ。

以上 港区の風景でした。

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

IMG_20190509_183625


帰宅途中に寄った自転車店で
安売りしていたので
衝動買いしてしまった。
本所、日東、オーストリッチ。

IMG_20190509_114534


IMG_20190509_115510


昼は横浜中華街で
酢豚を衝動食い。
量が多くて苦しい(汗)
650円なり。デフレですかね。
街中華よりうまくて、且つ安い。

IMG_20190509_123356


山下公園で休憩。
30数年前高校時分は
ココでテントをはった。
ガソリンストーブで鍋をやっても
お巡りに「気を付けて」と言われるだけだった。
のどかな時代でした。

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

仕事で横浜をウロウロ。
上大岡に用事かあったので
隣の弘明寺駅あたりでbutobosoさんお薦めのラーメン屋にいきたかったが、時間が早く、移動して中華街で昼飯。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


↑黒酢酢豚定食。莫大な量だ(汗)
650円。
ど真ん中の混雑を避けて、少し空いているエリアの店に。

イメージ 5


↑裏道の建物。しびれます。

イメージ 4


↑山下公園。
30数年前、初のソロキャンプは
三浦半島サイクリングの帰りにこの芝生でだった。
今なら怒られてしまいますな。


イメージ 6


イメージ 7



初利用 みなとみらい線
急行 和光市(埼玉県)行きで
中目黒駅乗り換えで勤務先に戻ります。
始発なので空いている♪




にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

5月4日 新幹線軽井沢駅から
しなの鉄道に乗り換えて
小諸駅に。さらに送迎バスで
温泉宿に。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3



↑しなの鉄道 ドアが手動式でした。

イメージ 4


イメージ 5



↑小諸駅前の店。行ってみたい。行かないけど。

イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12


イメージ 13


イメージ 14


イメージ 15


イメージ 16


↑宿に貸出しタンデム車があった。
アルミフレーム。意外に軽い。13~15kg くらいか?
知らない部品ばかり。
家族の誰も一緒に乗ってくれず、眺めるだけのワタシ。


イメージ 6


イメージ 7




小諸駅近く 案内所に保管されていた古いポスト
銑鉄ではなく錬鉄かな?

イメージ 8



↑まだ桜が咲いています。

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

5月4日 新幹線軽井沢駅から
しなの鉄道に乗り換えて
小諸駅に。さらに送迎バスで
温泉宿に。


IMG_20190504_141118


IMG_20190504_133104


IMG_20190504_141101

↑しなの鉄道 ドアが手動式でした。

IMG_20190504_150703


IMG_20190504_152423


IMG_20190504_152524


IMG_20190504_152543


宿にタンデム車がある。アルミフレームの。
知らない部品ばかり(汗)

重そうな印象だが、意外に軽い。
10kg 台前半かな?

乗ってみたいが、家族の誰も付き合ってくれず。
一人で乗ってもね~。

IMG_20190505_101208


IMG_20190505_101233

↑小諸駅前の店。行ってみたい。行かないけど。

IMG_20190505_103013


IMG_20190505_103021


小諸駅近く 案内所で見た古いポスト
銑鉄ではなく錬鉄かな?

IMG_20190505_103732


西にアルプスが見える。

IMG_20190505_065406

↑まだ桜が咲いています。

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

2019年5月3日朝 奥多摩 御岳駅まで輪行。

DSCN1054

↑山サイというか、山ポタというか。
気楽な道だけど、油断は禁物。


DSCN1025

↑御岳山へ登る道

DSCN1028

↑ケーブルカーの駅
混んでいるが、一度に100人くらい乗れるらしいから、あまり待たないで済むのだろう。

DSCN1033

↑のぼり キライです。
楽は買ってでもしたい。 
バス輪可能なら迷わずバス輪。
ココは仕方ないので押します。

DSCN1040

↑杉の木々 番号あり
頂上が1番


DSCN1048

↑まずは日ノ出山を目指す
下り基調なので楽です。

DSCN1049


参道から左に別れる道が
山に続く道。

DSCN1053

↑いざ 山の中へ。
なぜか小型犬を連れた人が。

DSCN1056

↑最近は道標がしっかりしている。
武蔵五日市まで行くのが面倒になっても
下に降りるエスケープ道 色々あり。
遭難するような道ではないけど 
マシントラブル対策は必要です。

DSCN1082


DSCN1088


DSCN1075

DSCN1089


DSCN1074


担ぎあり 段差あり 走りごたえある楽しい道です。
日ノ出山の東南側(武蔵五日市側)まで来ると
ほとんど人に会いません。
その割りに道は締まっています。

DSCN1090


DSCN1092


一般道に出たら
武蔵五日市駅まではワケない。


DSCN1094


武蔵五日市駅(始発)から輪行で帰った。
拝島で西武線(始発)に乗り換えた。
帰り輪行では座りたいので(行きもだけど)
始発は有り難い。

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

西丹沢に行くつもりだったが
寝坊したので
近場の 奥多摩駅手前 御岳あたりの
山サイというか 山ポタに 出かけた



イメージ 1
↑私も自転車とともに ケーブルカーにのれたら
どんなに楽でしょう。
でも 並んでまで 乗りたくないですね。

イメージ 2
↑しょうがないので 登ります。歩きです ひー。

イメージ 3
↑なんとなく 御岳山に到着
日の出山方面に行く

イメージ 4
↑金比羅尾根 締まった道は 走りやすい。

イメージ 5
↑まさに 尾根道!
二輪免許の実地試験状態。こわいっす。

イメージ 6
↑辛いっす

イメージ 7
↑滑ります。怖いです。ボブスレーの コースみたいな。

イメージ 8
↑道中 眺めがよい箇所 あり

イメージ 9
↑なんとなく走って 一般道に出た。

イメージ 10
↑武蔵五日市駅から 輪行で 帰った。14時過ぎ。

実走というか、自転車とともに移動した時間たったの6時間。
おもしろ 疲れた 時間でした。

短めルートの割りには
結構 脚を使いまして
膝がガクガクしています。




にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

イメージ 1


イメージ 4



↑おとぼけ小僧の部屋にエアコンを
つけた。まだ室内機だけ。
(材料が揃わず)
気分だけでも涼しく。

高さが低めだが、
ホームセンターでフレア加工済み冷媒管4mでやろうとすると、この高さになる。
冷媒管オーダーも安くないしね。

穴あけが大変だった。
ホールソーなんてきのきいた道具は持っていないのでドリルで蓮根のように穴をあけて回し引きで切り落とし。
耐火ボードが固いのなんの(汗)

イメージ 2

↑室外機。
地上置きだと冷媒管が届かないので
壁面室外機架台を通販で買ったが、連休中につき、発送通知も来ない。

エアコン(冷暖房)一式
ヤフオクで32000円
壁面架台2000円少し
冷媒管3000円台
三芯電源ケーブル+ドレン管2000円
消耗品1000円
しめて40000円前後。

家電量販店で工事込み込み40000円と
チラシで見たので見に行ったら
何だかんだと70000~80000円を呈示された。高いっす。

イメージ 3

換気扇の近くに点検口を設置。
開口状態にして
換気扇と小屋根を簡易ダクトでつないで
小屋根の夏の熱気を排出しようという算段。

効果あり、と建築雑誌で読んだことがあるが、効果は如何に?

屋根裏には断熱材をだいぶ追加貼りしたけど、それでも夏は地獄のような熱気がこもるので、一掃したい。

以前手に入れたバイス
でかすぎて手に余る。
ウチには作業台も作業小屋もないしね。

フレームビルダーさんに
譲ることになった。

ホコリをかぶったままより
使われた方がバイスとしても
喜ばしいでしょう。


IMG_20190502_100857


IMG_20190502_100744


↑1934年(昭和9年)製造です。
熔鉱炉のレンガにコバルト60(劣化診断用)が
添加される前の鉄です。
放射線線量測定器の素材として使用可能。

最強一斗缶ぶったぎりバーベキューグリルと並べると、バイスの大きさがわかりましょう。


IMG_20190502_101000

↑自分用には、赤いミニバイスで十分。

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

IMG_20190429_140131

↑一斗缶ぶったぎりバーベキューグリル
軽い、安い(無料)、丈夫。
最強。
これより使いやすいグリルをワタシは知らない。
使うのを渋っていたかみさんも
一度使ってみて、メンテナンスの容易さに
納得。
かみさんが買ったコールマンの4本脚グリルは
とっととヤフオクで処分した。

つかい終わったら
砂利を入れてかき回す。
強火に投入して焼いてもよし。
30年以上前からこのスタイルです。

自転車同様
業界に貢献していません(汗)


IMG_20190501_074054


IMG_20190430_154911


IMG_20190430_154959

↑おとぼけ小僧たちがヤマメを釣った。
遊漁料払った?


帰りに車で半蔵門を通過したら
改元騒ぎで人がいっぱい集まっていた。

警察の検問があったが
家族連れにつき スルー。
ワタシは元号を使わないし、興味もないけど
スーパーマーケットがバーゲンセールをやるのが
ありがたい。
あ、「昭和の定食屋」とかで使うか。


埼玉県某キャンプ場
みんな雨のなかテント暮らしはイヤ、ということで
山小屋暮らしに切り替え

IMG_20190430_103606


IMG_20190430_144606

コールマンですが
白ガス使わず。高いから。
赤ガス(ガソリンスタンドのやつ)で
ずーっとやっています。
問題なし。

IMG_20190429_144151

チャイ。シナモン カルダモン入り。

IMG_20190429_105547

炭おこし 火せめ
ガソリンは火力強い
 
IMG_20190430_072059 早朝到着したかたが
ビール配布

寝起きのビール(汗)

IMG_20190430_142544

資本主義の権化
コストコのピザを焼く





やること無いので 飲みます

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

↑燃えます♪

イメージ 7

↑キャンプでチャイ(インド風紅茶)
シナモン、カルダモン混ぜ。
ショウガはわすれた。

チャイは北京語チャー(茶)が語源で
イギリス語のティーは福建語のテーが
語源。
茶は世界を巡ります。

昔から
ピーク1も コレも
赤ガソリンを使っています。

いちいち白ガソリン買うの面倒だし
高いし。
燃焼時臭い気がするけど
何か焼くわけでもなし。

IMG_20190428_090215

↑着火直後。
安定すると 青い炎です。
ボーッって音がするから キャンプ場では
夜中はダメです。

IMG_20190428_085324
 
↑去年 キャンプに行ったとき
加圧ポンプのゴムパッキンがいかれて
オリーブオイルを垂らしたり
バターを塗りたくったり
色々やってダメだった。

連休にキャンプに行くことになったので
何百円だかで通販で買いました。

IMG_20190428_085747

↑右が ダメだったやつ。
数か月ぶりに圧をかけたら
手応えあり。

油漬け、バター塗りたくりで
弾力を取り戻したか。

千葉の実家にも
圧かからぬ一台あり。
油塗ろうかね。

IMG_20190428_090432

↑明日は最大火力で酷使予定。
頼りにしています。
にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村

2019年4月27日(土)
昼ころに雨があがったので、荒川河川敷ポタに出かけた。
DSCN0983
↑荒川右岸 土手上

DSCN0987
↑猫街道

DSCN0986
↑クルミの歯。天ぷらにして食べられるらしい。
適宜量 採集。

DSCN0999

DSCN1002

DSCN0992

DSCN1004


DSCN0995
↑猫たち。みんな不機嫌そうな顔をしている。

DSCN1012
↑さて、場所変わって JR常磐線三河島駅近くの 裏路地。
新大久保のような賑わいとは無縁の、地域に根ざしたコリアンタウン。
焼き肉、キムチ、惣菜、うまいものが多いです。
画像に写っている焼き肉「九里味」はうまいです。


新大久保はバブル後期、軍政を嫌って逃げて来た(亡命ではなく)
ビルマ人が始めた店が建ち始めて
次第に中華、コリアン、ハラルフード店(ムスリムむけ食材店)が増えてきた。
当時ビルマ人は軍政を嫌って、決して「ミャンマー」とは口にせず
「ブーマー(ビルマ)」と言っていた。今はどうだか知らないけど。
DSCN1009
↑コレは日暮里駅前の猫。でかい(汗)

DSCN1005

DSCN1006
↑三河島踏切。
高架を支えるはラーメン構造。
そうだ、ラーメン食べよう。

DSCN1013

IMG_20190427_133352
↑以前から気になっていた店に入店。
三ノ輪から南千住に向かう途中にある。
半チャーハンとラーメンのセット700円。
A+++。




ヤフーブログがそのうち閉鎖されるので
手作業引っ越し中。
ヤフーブログでこのレポートを読んだかたゴメンなさい。ダブります。
------------------------------------------------------------
2019年1月12日 土曜日 早起きに成功したので
西武線秩父駅のひとつ手前 横瀬駅まで輪行
山を越えて 飯能駅まで走って 輪行で帰った。

img_22_m


img_0_m
↑横瀬駅まで輪行 7時過ぎか 寒い
img_1_m
↑石灰工場は早くも稼働している。というか24時間稼働?
正面は武甲山 石灰採掘で原型とどめず

img_2_m
↑生川(うぶかわ)に至る上り坂 石灰工場が立ち並ぶ

img_20_m
↑工場エリアを抜けて 静かな道に

img_4_m
↑武甲山登山口駐車場

img_5_m
↑武甲山とは別方向 妻坂峠方面に行く

img_6_m
↑ひ~ 凍ってます。益々寒気を感じる。

img_7_m
↑怖いっす(汗)
よろけたらズリズリ落ちて行きそう。

img_8_m

↑怖くないけど 疲れて乗れないっす(汗)
img_9_m

↑妻坂峠に到着♪
山サイ向きっぽい道にさそわれて この道(小持山方面)を往くと
激坂というか 担ぎっ放しの激段差道で えらい目にあう。はず。多分。
ワタシは左側(名栗方面)に行く。
img_10_m

↑峠の石仏は 約300年前に建立されたそうです。
山で命を落とした人たちの供養のために
村の人が建立したと 説明板に書かれていた。
img_11_m
↑名栗方面に向けて下ります。
怖くて乗れない箇所 多々あり。
それでも徒歩よりはだいぶ進める。
img_12_m

↑夏なら水の流れに足をつけるところだが
今日は見るだけで寒さがつのります
img_13_m
↑やれやれ 一般道に出た

img_14_m
↑こーんな道を下って

img_15_m

↑「立入禁止」といいながら おいでおいで状態
行かいでか♪
img_16_m

↑下りじゃないじゃん 登りだよ(汗)
戻ろう 
img_17_m

↑このような古い橋が随所にありまして いい感じです

img_18_m

img_19_m


↑大鳩園キャンプ場
直火OKという ありがたいキャンプ場です。
一時期は毎月のように通っていた。(冬季は閉鎖)
うちの子たちは幼稚園前から
キャンプのときはたき火担当だったので火の管理が上手です


奥の青い小屋は汲み取り便所
ワタシのスマホが底に眠っているのだ。
(去年の連休に落とした)
以前「トイレにスマホを落とした」と騒ぐ人を見て
「気の毒に」と思っていた。自分が落とすとは夢にも思わず。
img_21_m

↑大鳩園キャンプ場の西側
もうひとつ山を越えて秩父に行こうかと思ったが
寒いし 曇ってきたし 疲れたので
ゆるい坂を下って飯能駅まで走って輪行で帰った。

にほんブログ村 自転車ブログ ランドナーへ
にほんブログ村



ヤフーブログのレポートを
まるごとコピペしています。
画像は 年内にリンク切れとなる予定。
---------------------------------------------------------------------------------------

過日 自転車フリマが
関戸橋、京王閣競輪場 二箇所で同日開催されて
ハシゴしました。

「お、コレは!」と思った自転車の画像をアップします。


↑rikoパパさんの自転車。塗装、キャリア、バッグ 自家製。
去年組んで 初試走が 大菩薩~牛の寝だったそうです。
いいですね~。
今年はワタシも牛の寝に行こうと思います。

↑INTER8さんのリカンベント。
坂道もガンガン登ると聞いています。


↑ワタシの店でお買い上げくださった、どこかのどなたか存じませんが
ありがとうございました。
イタリアの工房の手作りフレームに、カンパ。
(リムだけ街乗り用にアラヤ?)
美しい自転車です。

↑リングが向こう側で見えませんが
マキシーの3アームです。リムはスーチャンですかね。光っていて羨ましいです。

↑アマンダです。カーボンディスク後輪ですね。
フレームはよく見なかったけど、クロモリラグレスでしょうか。

▲以上 関戸橋にて
----------------------------------------------------------
▼以下 京王閣にて

↑フェンス越しで見づらいですが。
多分オーダーフレーム。ストロングライト49D+TA板です。
プロダイ大銅鋲 久々に目撃しました。

↑ホルクス
帰り際 オーナーさんと遭遇。若い方でした。
「シマノ不使用ですか?」と訪ねたらニヤリとしていました。


↑グリーンの車はフタバ(細山製作所)
銀色のは どこ製だろう?
以前もこの二台 見たことあります。
どこだったかなあ。

↑で、銀色の車ですが。
シュパーブのチタンシャフトでは?いいなあ。
BBラグ、えらく削り込まれていますねえ。美しいです。

↑タイムマシンで運ばれてきたような自転車。
フルノーマルかも…。驚異的なピカピカ状態。
すばらしい。

↑ワタシのパスハン車。掃除しなきゃ(汗)

この後、多摩川を越えて
読売ランド近くで なんちゃって林道を偵察して 輪行で帰りました。

過日 自転車フリマが
関戸橋、京王閣競輪場 二箇所で同日開催されて
ハシゴしました。

「お、コレは!」と思った自転車の画像をアップします。


イメージ 1
↑rikoパパさんの自転車。塗装、キャリア、バッグ 自家製。
去年組んで 初試走が 大菩薩~牛の寝だったそうです。
いいですね~。
今年はワタシも牛の寝に行こうと思います。

イメージ 2
↑INTER8さんのリカンベント。
坂道をガンガン登ると聞いています。

イメージ 3

イメージ 4
↑ワタシの店でお買い上げくださった、どこのどなたか存じませんが
ありがとうございました。
イタリアの工房の手作りフレームに、カンパ。
(リムだけ街乗り用にアラヤ?)
美しい自転車です。

イメージ 5
↑リングが向こう側で見えませんが
マキシーの3アームです。リムはスーチャンですかね。光っていて羨ましいです。

イメージ 6
↑アマンダです。カーボンディスク後輪ですね。
フレームはよく見なかったけど、クロモリラグレスでしょうか。

▲以上 関戸橋にて
----------------------------------------------------------
▼以下 京王閣にて

イメージ 7
↑フェンス越しで見づらいですが。
多分オーダーフレーム。ストロングライト49D+TA板です。
プロダイ大銅鋲 久々に目撃しました。

イメージ 8
↑ホルクス
帰り際 オーナーさんと遭遇。若い方でした。
「シマノ不使用ですか?」と訪ねたらニヤリとしていました。

イメージ 9

イメージ 10
↑グリーンの車はフタバ(細山製作所)
銀色のは どこ製だろう?
以前もこの二台 見たことあります。
どこだったかなあ。

イメージ 11
↑で、銀色の車ですが。
シュパーブのチタンシャフトでは?いいなあ。
BBラグ、えらく削り込まれていますねえ。美しいです。

イメージ 12
↑タイムマシンで運ばれてきたような自転車。
フルノーマルかも…。驚異的なピカピカ状態。
すばらしい。

イメージ 13
↑ワタシのパスハン車。掃除しなきゃ(汗)

この後、多摩川を越えて
読売ランド近くで なんちゃって林道を偵察して 輪行で帰りました。

ヤフーブログが閉鎖されるので
手作業で画像とテキストを移し替えています。

img_17_m
今日12日 早起きに成功したので
丹沢湖近くのユーシンブルーを見て、熊木沢出会い(広大な河川敷)で昼飯を食べて昼寝しようとノコノコでかけた。

冬はヘビやハチが出ないので、安心して山に入れるのだ。

JR線だとやたら高額なので、新松田まで小田急線で行ってJR御殿場線に乗り換えて、谷峨駅で下車。

img_1_m
↑登り坂がキライなので、さらにバス輪行。

他の人は どうか知りませんが
ワタシは「車道では、銭を出してでも楽をしたい」派です。
でも、山道は自力で行きたいです。

ガチョーン!(古い)
バス停に、非情にも「玄倉林道通行止め」の告知が。
道中崩落しているらしい。
なんてこった。

img_2_m

↑とりあえず玄倉(丹沢湖畔)までバスで行ってみる。
ガラガラ。
このバスは松田駅が始発なのだが、途中の谷峨駅バス停から乗車したほうがトータルで若干安い。

img_3_m

↑玄倉で下車、売店の人にきいたら、やっぱり通行止めらしい。
画像はバス停前の掲示物。
『秘境』と謳っているが
お子様ストライダーや犬の散歩の人も見かけるココは秘境でも何でもないと思うのだが…

仕方ないので、秦野峠林道~シダンゴ山方面経由~新松田駅というルートに切り替える。

熊木沢出会は、反対側から行けるけど、山越えルートだから
行く人少ないだろうな。
春になったら行ってみようかな。
img_18_m



↑去年行ったときの
熊木沢出会。
画像だとわかりにくいですが
だだっ広く何もない
目眩がするような光景です。

img_4_m

↑登り坂の始まり始まり(汗)

img_5_m


img_6_m

↑少し登ったら雪があらわれてきた。
アイスバーンがあろうと予想していた。
アイゼンは重いので、簡易スパイクを持ってきてある。
脱着が容易なので、自転車に乗るときに重宝する。

帰りに気が付いたのだが、スパイクが一本欠落していた。
代替えビスで補修しよう。
一時間ほどしか使っていないのに欠落するとは困ったものだ。
一回全ばらしして、固着剤塗布締め直ししないとダメかな。

img_7_m


↑このカーブを過ぎれば雪が消えるか…と期待しつつ

img_8_m

↑雪は消えるどころか、ますます増えていく…

img_9_m

↑ココ(秦野峠三叉路の手前)で、撤退することに決めた。1時間半くらい歩いたのかな。

一気に脱力感が…。
まあ、登って来た道をピストンで下るだけだから気楽ではあるが。

スパイクがあるので、歩いての峠越えは可能だが、
自転車に乗れないのでは、行く意味がない。

益々標高があがるし、南斜面でも雪が消えていないのを見ると
自転車に乗車できないまま峠を越えて里山に下るという
トホホな状況もあり得る。

この時点で12時。
風はビョービョー吹くし、気温は低い。丹沢湖畔で3度と表示されていたので、ココは氷点下かも。

昼を過ぎて、
見通しが立たない(道路状況、ルートが不明など)場合は
撤退することにしている。

不本意ではあるが、来た道を戻ることにする。


↑鹿の足跡があちこちにある

img_12_m

img_11_m

img_13_m

↑雪はゆるく固まっていて、走ると、ジョリジョリめりこむ感じ。
圧雪部分はアイスバーンで乗るどころではないが
このような状態のところは、イボイボタイヤならなんとか乗車可能。

しかし、氷のつぶがシューに付着して、ブレーキの効きは極度に悪い。
乗るのは少し怖いですな。

閑話休題
パナソニックさん、この650Aイボイボタイヤ復活させてください。

ジョリジョリ状態だと簡易スパイク無しでも滑らない。
靴は「爽快堂のワンタッチ地下足袋」
防水加工により、多少の泥道や雪道では
普通に使える。自転車に乗るのも、楽です。

岩場、ガレ場でも、トレッキングシューズより踏破性が高いと思うのだが
地下足袋を使っている人は少ない。やはり見た目がスマートではないからか?

山仕事の人がトレッキングシューズを使わずに地下足袋を使っているのを見るにつけ、やはり地下足袋のほうが使いやすいのだろうと思う。
img_14_m

↑やれうれしや。
雪がないあたりまで戻ってきた。

img_15_m

↑丹沢湖から谷峨駅方面に向かう下り坂。
道中、馬頭観音がある。大正時代のものらしい。
このあたりまで下ってくると暖かい。

img_19_m

↑谷峨駅で列車待ちをするときに飲む酒は毎回ココで買う。

img_20_m

↑駅についたら、列車が来るまで2分。
さすがに2分じゃばらせない。
その次は40分後。
自転車をばらすとやることが無い。
その辺を散歩したり、ストレッチしたり。
珍しく小田急線相互乗り入れの「あさぎり」が通過。
色がキレイ。

img_21_m

↑待ち時間にコレを呑んだのだが、何だかブドウ味の清涼飲料水みたい。
良くみたらストロング(アルコール9パーセント)かと思っていたのだが
実は5パーセントだった。
なんてこった。

リベンジで乗り換えの松田駅で仕切りなおしに
ストロングを呑んで。
新松田駅で小田急線新宿行きに乗り換えて、うたたねしながら帰りました。


img_22_m



img_23_m



↑途中スマホに
「シウマイ弁当を買ってきて」と指令が入ったので
新宿駅東口改札内で買って帰った。
崎陽軒のシウマイ弁当はうまいなあ。
ノーマル3個と、初のチャーハン弁当1個を試しに買ったが
チャーハン弁当もうまかった。

ヤフーブログの
まるごとコピペです。


まずくて残してしまったラーメン
連続二軒は初めてです。

店名は伏せます。

↑チャーシュー麺を注文。
ネギトッピング 有料で コレ。トホホ…
スープに味がない…
麺がボソボソ…
チャーシューは普通…

チャーシューだけ食べて撤退
↑気をとりなおして
そこそこ人が入っている店に入ってみた。

スープが苦い…というか、渋いというか…
訓練された人のみが味わえる至福の味わいでしょうか。

チャーシューというか、薄切り肉がくさい…
麺が ボソボソ…
ふたくち食べて撤退…。

↑コンビニでカップうどんを買って帰って 晩飯としました。
うまかったです。



↑さて、こちらはワタシのポタリングエリア
田端駅陸橋下の「八右衛門」
正統派(?)ラーメン400円。
チャーシューが二枚のってます。
うまいです。推薦します。

奇をてらったラーメンではなく、直球勝負です。
剛速球ではないけど、安心できるストライクです。

↑がらりと変わりまして
くら寿司のハンバーガーです。

息子がくら寿司に行きたいと騒ぐので
一緒に行ってみた。

少し前に新聞で「くら寿司の挑戦」だか何だかと紹介されていた
ハンバーガーがあったので食べてみた。

主観でいいますと、好みではありません。
練り物つくねもどきのパテは まずかった。
オニオンリングフライはうまかったけど、ハンバーガーとは関係ないし。
バンズはボソボソだった。
また行く機会があったら フィッシュバーガーを食べてみよう。

しめ鯖はうまかった。
ハンバーガーの他は光り物だけ食べた。

まずくて残してしまったラーメン
連続二軒は初めてです。

店名は伏せます。
イメージ 7

↑チャーシュー麺を注文。
ネギトッピング 有料で コレ。トホホ…
スープに味がない…
麺がボソボソ…
チャーシューは普通…

チャーシューだけ食べて撤退
イメージ 1
↑気をとりなおして
そこそこ人が入っている店に入ってみた。

スープが苦い…というか、渋いというか…
訓練された人のみが味わえる至福の味わいでしょうか。

チャーシューというか、薄切り肉がくさい…
麺が ボソボソ…
ふたくち食べて撤退…。

イメージ 2
↑コンビニでカップうどんを買って帰って 晩飯としました。
うまかったです。


イメージ 3

イメージ 4
↑さて、こちらはワタシのポタリングエリア
田端駅陸橋下の「八右衛門」
正統派(?)ラーメン400円。
チャーシューが二枚のってます。
うまいです。推薦します。

奇をてらったラーメンではなく、直球勝負です。
剛速球ではないけど、安心できるストライクです。
イメージ 5

イメージ 6
↑がらりと変わりまして
くら寿司のハンバーガーです。

息子がくら寿司に行きたいと騒ぐので
一緒に行ってみた。

少し前に新聞で「くら寿司の挑戦」だか何だかと紹介されていた
ハンバーガーがあったので食べてみた。

主観でいいますと、好みではありません。
練り物つくねもどきのパテは まずかった。
オニオンリングフライはうまかったけど、ハンバーガーとは関係ないし。
バンズはボソボソだった。
また行く機会があったら フィッシュバーガーを食べてみよう。

しめ鯖はうまかった。
ハンバーガーの他は光り物だけ食べた。

↑このページのトップヘ